COMPANY企業情報

ジョイックス
コーポレーションについて

ジョイックス、それは JOY <喜び>と X <未来>。着る人の喜びを、何十倍、何百倍にも大きく広げることのできる新しい服づくり、ブランドづくりを、未来に向かってグローバルに展開していきたい。その思いを企業名に込めて、ジョイックスコーポレーションは、今日まで歩みを進めてきました。 いま、ファッションはこれまで以上に新しく目まぐるしい変容を見せていこうとしています。そんな時代の中で、たくさんのお客様、さまざまな世代、多機能な思考に的確にフィットし喜んでいただけるモノづくりを進めるために、ジョイックスコーポレーションはさらなる“ X ”を、いつも探求しています。

社長メッセージ

1971年、ジョイックスコーポレーションは大阪城に近接する大阪・谷町に創設されました。「着る人の幸せ」「売る人の幸せ」「造る人の幸せ」を社是に掲げ、メンズアパレルのリーディングカンパニーとして47年目を迎えています。

社の歴史において最も象徴的な出来事は1982年、英国人デザイナーのポール・スミス氏との出会いです。以降、「ポール・スミス コレクション」「ランバン コレクション」「ランバン オン ブルー」「ザ・ダファー・オブ・セントジョージ」「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」「サイコバニー」といった数々のライセンスビジネスを手掛けております。 独自なクリエーションで世界的知名度を誇るこれらの欧米ブランドとのパートナーシップがジョイックスの特徴であり最大の魅力です。各ブランドにとり不変である価値観や美意識、いまなお進化しつづけるその歴史を取り入れると同時に顧客視点に立ち、高水準なものづくりを継続してきたことが弊社の強みであると自負しております。

2017年3月時点で展開している店舗数は、約270店。さらにEC事業への投資も積極的に取り組んでおり、2016年度決算では売上高に対するEC比率は9.3%に達し、2020年までに15%まで引き上げることを目標としています。実店舗とECの両輪を調和させることは、消費者のニーズに応えながらブランドの世界観を表現するために欠かすことができません。

また、取り扱いアイテムがメンズ主体であるものの、弊社の従業員比率は男性60%・女性40%。女性ならではの視点は、企画や生産、販売などのあらゆる側面において有効だと確信しています。現代の多様なワーク・ライフ・バランスに適応できる職場環境の改新は急務であり、これまで以上に女性にとって働きやすい企業となるよう目指していきます。

さらに創業以来、従業員個々人における販売力の強化には力を入れてきました。販売の難しさは、社会景気は無論のこと天候要因をも含めたお客様一人ひとりに合わせた総合的な洞察力と判断力を必要とする点にあります。同時に、商品導入のタイミングや直営店舗独自の企画力も求められ、センシティブですが時に大胆な動きが肝心なのです。弊社では半年に一度、10名前後の販売スタッフを選抜してパリ・コレクション視察に同行させています。この取り組みは、既に10年以上続けており総勢200名以上が参加。社員の良いモチベーションとなり、ブランドの理解と販売力強化において確かな成果を残しています。個人力の向上は、社の成長の好機でもあります。今後も社員教育にはより一層力をいれていきたいと考えています。

私の信条をあらわす言葉は、「努力は必ず報われる」。ブランドの精神を理解することは一朝一夕でなせることではありません。堅実な歩みで育む「自力」があってこそ、お客様にファッションの魅力を届けることができるのです。

2013年に本社を東京に移した弊社は、2020年に創業50期を迎えます。この節目の年にむけ、「進化し続ける企業」であることを誇りに、次の喜びと未来=JOI’Xを探求していきます。

2017年7月
代表取締役社長
武内秀人

会社概要

社名 株式会社ジョイックスコーポレーション(JOI’X CORPORATION)
本社所在地 東京都中央区日本橋富沢町9番4号
TEL 03-5695-1331 (代表)
設立 1971年11月1日
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 
武内秀人
従業員数 980名(2017年3月現在)
事業内容 アパレル製品・雑貨洋品等の企画・販売
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行、
みずほ銀行
出資者 伊藤忠商事株式会社
売上高 年商260億円
(2017年3月期)
取引先 全国有名百貨店、専門店
事務所 東京本社第2オフィス
東京都中央区
日本橋富沢町10-18

大阪支店
大阪府大阪市
中央区谷町3-6-4
06-6941-6855 (代表)

加古川商品センター
加古川市東神吉町
升田字広瀬768番地

越谷商品センター
埼玉県越谷市
南越谷2-9-31

プレスルーム
東京都渋谷区
神宮前6-18-13 
浅間ビル4階

沿革

1971年 米国スタンリーブラッカー社と縫製技術・企画・素材および販売等のノウハウを提携。
メンズの「スタンリーブラッカー」ブランドによるカジュアル商品の企画販売会社として、三幸衣料株式会社(現トレンザ株式会社)と伊藤忠商事株式会社の合弁により設立。
1982年 英国ポール・スミス社と商品企画・素材および販売などすべてのノウハウを提携。
ポール・スミス事業部を発足し「ポール・スミス」ブランドによる製品の企画・販売および輸入製品の販売を開始。
1984年 東京南青山に「ポール・スミス」の直営ショップを開店。
1989年 登記上の本店を大阪市中央区(当時:東区)谷町2丁目3番2号に移転。
東京支店を墨田区立川の新社屋に移転。
1990年 本社を大阪市中央区谷町3丁目6番4号に移転。
ポール・スミスのハイクオリティーブランドとして「ポール・スミス コレクション」の企画・販売を開始。
1991年 創業20周年を迎える。 資本金を2,000万円から5,000万円に増額。
東京神宮前に直営ショップ「ポール・スミス渋谷店」を開店。
1992年 社名を「アメリカン・ジャケット株式会社」より「株式会社ジョイックスコーポレーション」に変更。
1993年 ポール・スミスのジーンズブランドとして「ポール・スミス・ジーンズ」の企画・販売を開始。
加古川商品センター完成、運営開始。
1994年 ポール・スミスのカジュアルブランドとして「R・ニューボールド」の企画・販売を開始。
代表取締役社長に中島一之が就任。
1996年 東京支店を中央区日本橋に移転。
2002年 仏国JEANNE LANVIN S.A.社との提携により、ランバングループに参画。
セカンドライン「ランバン コレクション」の製造・販売を開始。
2003年 代表取締役社長に堂坂勝男が就任。
2004年 ランバンの団塊ジュニアを中心とするマスメディアカルチャー世代のためのブランドとして「ランバン オン ブルー」の企画・販売を開始。
東京支店第2オフィスを開設。
2007年 英国DUFFER社と提携し、英国の本格的カジュアルブランド「ザ・ダファー・オブ・セントジョージ」の販売を開始。
代表取締役社長に神吉賢一が就任。
2010年 代表取締役社長に須田博文が就任。
登記上の本店を大阪市中央区谷町3丁目6番4号に移転。
2011年 「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」ブランド製品の製造販売および輸入製品の販売を開始。
2013年 本社を東京都中央区日本橋富沢町9番4号に移転。
2017年 アメリカRG2社と提携、「サイコバニー」ブランドをスタート。
代表取締役社長に武内秀人が就任。