JOI'X CORPORATION RECRUITING 2020

JOI'X CORPORATION RECRUITING 2020

PEOPLE

社員紹介

「おもてなし」という
付加価値のある接客。

  • 坂本 奈保子Naoko Sakamoto
  • 販売スタッフ ランバン オン ブルー表参道店
  • 2010年度入社

新入社員配属は「ランバン オン ブルー」の百貨店インショップでした。その4年目、接客力や売上成績などを評価していただき、西武そごうの、スタークラブ賞(優秀販売員賞)を受賞できたことは、販売スタッフとしての自信につながりましたし、この仕事を探求していこうというモチベーションにもなりました。

 6年目に表参道店へ異動となり、はじめは戸惑うこともありました。あくまで一例ですが、百貨店ではご年配の方が多く、ビジネス用のジャケットやパンツの需要が多い。一方で、現在のお店は30代を中心に幅広く、カジュアルなアイテムを求める方がメインなのです。ただ、私が一貫して重要だと思っているのは、「おもてなし」という付加価値のある接客です。コーディネートに悩んで来店する方も多いので、お持ちの服を聞きながら着こなしの提案をしたり、趣味やお仕事の話をしながら逆提案させていただいたり。お客様との対話を通して喜んでいただくこと。そして、だんだんとお洒落になっていく姿をみられることがこの仕事の最大の魅力です。私はこの販売の仕事が好きですし、天職だとさえ思っています。

さまざまな面から自社ブランドの良さを広めていきたいです。

今回、入社前からの夢でもあった、「ランバン」のパリ・メンズ・コレクションを見学しに行くことになりました。当社には、年に二度の海外研修制度があるのです。「ランバン」のアイデンティティや空気感を全身で吸収し、それを日本に持ち帰ってスタッフに伝授し、これからの販売の現場に活かすことができればと思っています。何よりも、ショーを見られることが楽しみで仕方ありません。

 これはオフィシャルのブランドコンセプトにも書かれていることでもありますが、フランス人は、隣を歩く女性の魅力を引き立たせるために男性は控えめな装い。だから、男性は、表立って見えないところのお洒落を楽しむのだそうです。さりげない裏地の生地感や、ボタン一つのディテールにデザイン性とこだわりがある。そうした服作りのアイディアをお客様に伝えることに加えて、「ランバン オン ブルー」独自の世界観をお客様と共有するなど、多面的に自社ブランドの良さを広めていくことが今の目標です。

表参道店は、海外からのお客様が多く毎日が刺激的です。

表参道店は、アジアを中心にアメリカ、フランス、オーストラリアなど海外からのお客様が6〜7割を占めています。「ランバン オン ブルー」は日本限定なので、それを目的にされる方も多く、日本人の方よりもフレンドリーに接客したほうが喜んでいただける印象ですね。急にお店で食事を始めたり(笑)、日本の常識では考え難い事もあります。ですが、例えば、習慣として屋内で履物を脱がない欧米の方々と私たちとでは、服装に関する考え方や生活感がまるで違うわけです。異文化に触れ、学ぶ機会がたくさんあることはいつも刺激的ですし、言葉が通じなくても「おもてなし」の気持ちが伝わったときは本当に嬉しいですね。

 私は販売業務だけではなくスタッフの育成にも携わっていますが、後輩や、これから販売の仕事をする人にも同じ思いを抱いてもらえるように指導できたらと思っています。今やブランドビジネスとして欠かせない要素になっていますが、店頭にあり、ECショップにないのは「マンパワー」です。すべてのお客様が笑顔になれる、気持ちの良い時間を過ごしていただくために、もっと接客力を磨いていきたいと思っています。

坂本 奈保子
Naoko Sakamoto

  • 販売スタッフ
    ランバン オン ブルー表参道店

CAREER経歴

  • ランバン オン ブルー 西武池袋本店
  • ランバン オン ブルー 表参道店

DAY OFF休日

最近ではオーストラリアのグレート・バリア・リーフに行きましたし、入社後も海外旅行にはよく行きます。とにかく夏はダイビング。良いスポットをお客様から教えていただくことも。ヨガや美容など多趣味な方だと思います。外国人の方から「ネイル見せて」と言われたり、趣味の会話がお客様と打ち解けるきっかけになることもとても多いですね。

PEOPLE社員紹介

JOI’X CORPORATION RECRUITING 2020