JOI'X CORPORATION RECRUITING 2021

JOI'X CORPORATION RECRUITING 2021

PEOPLE

社員紹介

女性にも、メンズウエアの魅力を
もっと体感してほしい。

  • 野中 璃乃Akino Nonaka
  • Paul Smith ショップスタッフ
  • 2014年度入社

学生時代から見るのも着るのもメンズの服が大好きでした。これが入社を志望した一番の理由です。スーツや時計、革小物といったレディースにはみられないカテゴリーの奥深さに惹かれ、就職活動時にふと思い浮かんだのがポール・スミスだったんです。

 私自身はスカートよりもパンツを選びがち。接客を通して女の子にメンズウエアを手に取ってもらうことは個人的な目標のひとつですし、性別や年齢も関係なく、「良いと思ったものは良い」「ファッションは楽しんだもの勝ちだ」ということを体現したいとも思っています。

 ブランドのファンをつくることが最終目的地のひとつですが、人対人のコミュニケーションの中で、共感を得たり親密感を感じていただく時間も作りたい。私の場合、純粋にファッションが好きだということが会話のトリガーになりますし、ネットでないリアルな接客だからこそ体験できることとは、一着を購入するまでのあらゆるストーリーだと思います。断捨離できない服、ずっと聴き続けている楽曲のような、大切な一着とお客様が巡り合う一助になりたいのです。

「今」が、ターニングポイントだと思っています

研修後に仮配属されたのが、現在所属しているポール・スミス渋谷店でした。嵐のように過ぎ去った3ヶ月間でしたが、ただただ強烈に楽しかった日々を鮮明に思い出せます。都心からは少し離れた大宮、ハイエンドな商品を好まれる玉川高島屋と、お客様の価値観も求められる商品群もまったく異なる店舗での経験を積み、2019年9月、渋谷店に異動。路面店では最大規模のスタッフ数で、ポール・スミスの世界観が余すところなく濃縮された渋谷店で、過去の自分とは違う姿を見せなくてはいけないという点でターニングポイントだと思っているし、原点回帰のような心持ちでいられていることが嬉しいですね。

 座学にとどまらずにステップアップできる研修がいくつもあります。なかでも、スーツの仕立て工場の見学は衝撃でした。ミシンが稼働する絶え間ない音、工場から香る布の匂い、そして活気が伝わってくる指示出しの声。作り手の熱量をお客様に伝えていくことの意義を感じました。ただ、入社してすぐの私では気付けず、吸収できないことも多かったように感じます。大阪や京都の店舗を視察体験する他店舗交流などをはじめ、経験やタイミングをふまえ、個々人にふさわしい研修を行うのもジョイックスの特徴ですね。

フレンドリーに私たちを牽引する先輩の姿

現在12名のスタッフがおり、全スタッフの意見をすくい上げてくれる店長を筆頭に、社歴の長いスタッフから新入社員までが在籍しているため密なコミュニケーションがなければなかなか足並みが揃いません。

 しかし実際は、先輩方による接客後のヒアリングやアドバイス、店内のレイアウトの意図から、その時々の推したい商品の理由付けまでが丁寧に共有されています。全員が同じベクトルを向けるようフレンドリーに牽引するその姿にいつも刺激を受けてきました。それに応えてか若手スタッフもフレッシュな意見をどんどんぶつけます。各自の考えを言い合える関係が店の中にありますし、中堅の立場である私は、良いパイプ役を務められるようにこれからも自分なりにお店を盛り上げていきたいですね。

野中璃乃
Akino Nonaka

  • Paul Smith
  • ショップスタッフ

CAREER経歴

  • Paul Smith マルイ大宮店
  • Paul Smith 玉川髙島屋SC店
  • Paul Smith 渋谷店

DAY OFF休日

大規模展から小さなギャラリーまで、よく美術展には行きます。あえて1人で。静かな空間でゆっくりと想像を巡らす時間は本当にリフレッシュできます。年に2回は、連休をもらって海外旅行に。アフリカ、中南米、最近ではトルコへ気球に乗りに行きました。お土産話を楽しみにしてくださるお客様もいらっしゃいますし、全力で楽しんでいます。

PEOPLE社員紹介

JOI’X CORPORATION RECRUITING 2021