BRANDSブランド

Paul Smithポール・スミス

英国人デザイナー ポール・スミスが手がけるブランド「ポール・スミス」は、パリで年2回ファッションショーを開催し、世界の主要な都市にはポール・スミスの旗艦店があります。 世界中から厳選された素材を使って表現されるクラッシックとモダンの融合、謎めいた仕掛けで遊ぶような感覚で楽しめる色、柄、ディティールの洋服やアクセサリー、そして世界中から集めてきたユニークな物が詰まったポール・スミスのショップは若者やビジネスマンだけでなく、世界中のアーティストやミュージシャンをも虜にしています。

Paul Smith COLLECTIONポール・スミス コレクション

「ポール・スミス コレクション」は、ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックフィーリングの3つの要素に、ポール・スミスのデザインスピリットを融合させて生み出されたプレステージラインです。エキセントリックな英国の貴族やアーティストたちの着こなしからインスピレーションを得たスタイルは、英国サヴィル・ロウに代表される良質で伝統的な服作りに、さりげない遊び心を取り入れて、洗練されたおしゃれ心を感じさせます。着る人の個性を引き出すようにとデザインされたのが「ポール・スミス コレクション」の服です。

The DUFFER of St.GEORGEザ・ダファー・オブ・セントジョージ

ブランド名の由来は1960年代の英国コミック誌 ”Boy’s Own” に掲載されていた The DUFFER of St.GEORGE. という物語からきています。パブリックハイスクールのいたずらっ子達が織りなす物語からインスピレーションを受け、上品さの中にもひねりや遊びのあるスタイルがブランドイメージの特徴です。 “DUFFER”には本来「やんちゃ」「まがいもの」などの意味があります。ロゴマークは盾(シールド)から引用され、王家に代表される英国の伝統的な家紋を、コメディタッチにモディファイしています。

LANVIN COLLECTIONランバン コレクション

ランバン コレクションは、ファーストラインのモードのエッセンスを取り入れながら、同じ世界観を共有するセカンドライン。国内生産におけるランバン コレクションのスーツは1973年にスタートして以来、パリランバンとの共同作業により、高品質な商品を作り続けています。日本人の体型を研究し、高い縫製技術による動きやすさと洗練されたシルエットで、着る人を美しくスマートに見せます。

LANVIN en Bleuランバン オン ブルー

”Chic et Gavroche”(シックで生意気)という、相反する2つの要素をブランドコンセプトとし、パリの老舗メゾン『LANVIN』のDNAを受け継ぎ、変わらないエレガンスを表現するブランド、ランバン オン ブルー。 歴史と伝統を感じさせる繊細なディティールに、トレンドをプラスし、常に新しいスタイルを生み出しています。

Vivienne Westwood MANヴィヴィアン・ウエストウッド

1996年、英国屈指のデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドによって発表された、メンズラインです。 サヴィル・ロウを彷彿させる伝統的な服飾技法、アーティスティックなカッティング、ロマンティックなモチーフなどを用いたコレクションは、今もなお、進化し続けています。 1971年、キングスロード430番地に「Let It Rock」と名付けたショップをオープン、現在の「Worlds End」となるまでに、様々なコンセプトを打ち出す度、ショップ名を変えていきました。 当時パートナーであったマルコム・マクラーレンがプロデュースしたセックス・ピストルズの楽曲が世間に出るとともに、ストラップやジッパーを使用したヴィヴィアン・ウエストウッドの服は、パンクファッションと呼ばれ、ロンドンでムーブメントとなりました。

Psycho Bunnyサイコバニー

大きなウサギの耳をつけたスカル&ボーンズ。古くは17世紀のイギリス非国教徒や海賊、19世紀アメリカの秘密結社のシンボルも彷彿させ、どこか愛らしさも感じるこのユニークなアイコンが「サイコバニー」のアイデンティティを象徴する。デザイナーのロバート・ゴドレーはイギリスに生まれ、イタリアでファッションにめざめ、そしてアメリカで起業したコスモポリタン。 大自然の中でのスポーツを楽しみ、都会やストリートから生まれるアートにも感動する。多彩なインスピレーションから生まれるデザインと生き方。「サイコバニー」は人生を謳歌する男たちのために新たなジェントルマンスタイルを提案する。