COMPANY企業情報

企業理念

着るよろこび、それ以上を JOI'Xの「JOI」は「よろこび」を「X」は「未来」をあらわしています。ハイクオリティなファッションをお届けする。それは、ただ「着るよろこび」を感じていただくだけではない、長く愛着を持って、服とともに時間を過ごしていただきたい。JOI'Xがお届けするものには、それだけのチカラがある。そう信じています。

行動規範

行動規範
企業理念・行動規範・社是の全体構図
企業理念・行動規範・社是の全体構図

サステナビリティ

ジョイックスコーポレーションのサステナビリティ

〝着るよろこび、それ以上を″という企業理念に則り、ファッションを通じて持続可能な社会を支える企業を目指します。 自主的かつ積極的に環境負荷や人権を考慮した企業活動に取り組み、サプライチェーン全体で環境汚染の防止、CO2削減社会の構築に貢献します。

当社のマテリアリティ(サステナビリティ活動方針)に関連するSDGs

当社のマテリアリティ(サステナビリティ活動方針)に関連するSDGs

サステナビリティ推進の活動指針

ファッションロスをゼロへ [12.5]

■ 活動方針
お客様のニーズに合った商品を作り、過剰な生産をしません。

[取り組み事例]
キズ物として着られなくなった商品以外、商品の廃棄処分をしていません。

社会や環境に配慮した物づくり [12.8 17.17]

■ 活動方針1
環境への影響に配慮した繊維、生地、生産方法を積極的に採用します。

[取り組み事例]
オーガニックコットン、リサイクルコットン、再生ポリエステルなど

■ 活動方針2
人権に配慮したサプライヤーと取引し、サプライチェーンを管理します。

[取り組み事例]
協力工場における雇用状況(賃金支払い、勤務時間、労働環境)の定期的・徹底的な確認

環境負荷低減への取組み [14.1]

■ 活動方針
海洋プラスチックごみ問題への対策として、脱プラスチックを推進します。

[取り組み事例1]
脱プラスチックの包装を推進。年間およそ100万枚提供しているショッピングバッグを在庫がなくなり次第、順次紙製に切り替える。2021年までに紙100%へ。

[取り組み事例2]
輸送用ハンガーを回収し、繰り返し利用する循環型システムを運用。

再生エネルギーの推進 [7.2]

■ 活動方針
低炭素社会の実現に向けて、環境負荷の少ない再生可能エネルギーの導入を積極的に行います。

[取り組み事例]
当社の二大物流拠点に2015年11月よりソーラーパネルを設置し、太陽光による発電を行っている。(2020年実績:越谷センター66,400kw、加古川センター304,700kw)

多様性を重視する [5.1 5.b]

■ 活動方針
多様な人材が互いの価値観の違いを認め合いながら、意欲と能力を最大限に発揮して活躍できる職場環境の整備に努めます。

[取り組み事例]
平成29年より女性活躍推進法に基づく厚生労働大臣の認定制度「えるぼし」マークの2つ星の認定を授与。

以上の活動指針に基づく取り組みについては、随時「ニュース」で公開します。

社長メッセージ

ジョイックスコーポレーションは、1971年大阪にて設立され、メンズアパレルのリーディングカンパニーとして50年を迎えました。

1982年の「ポール・スミス」導入に始まり、「ポール・スミス コレクション」「ランバン コレクション」「ランバン オン ブルー」「ザ・ダファー・オブ・セントジョージ」「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」「サイコバニー」と現在7ブランドを展開しています。個性溢れる欧米ブランドとの強固なパートナーシップにより、各ブランドの不変の価値観、今なお進化し続けるその歴史を継承しながら、顧客視点に立ったマーケットインの発想で高水準なものづくりを実現できることが当社の強みです。約260店舗の運営のみならずEC事業、デジタルマーケティングにも積極的に取り組んでおり、在庫一元化、顧客データ一元化を実現し、今後もよりお客様のニーズにマッチした提案をして参ります。

社員の女性比率は40%に達し、多様なワークライフ バランスに対応できる職場環境の実現を目指し、2018年には本社を東京・半蔵門に移しました。研修制度にも力を入れており、年2回のパリコレクションには選抜された販売スタッフを同行させ、本物を見る目を鍛える機会を与えています。2019年からはサイコバニースタッフ向けのニューヨーク研修を開始しました。働き方改革に終わりはなく常に人事制度、福利厚生の改善を続けていきます。

当社は、伊藤忠商事 繊維カンパニーの中核会社として、そのグループ企業理念「三方よし」(「売り手よし」、「買い手よし」、「世間よし」)のもと企業活動を行っています。これは伊藤忠商事の創業者伊藤忠兵衛の生誕地、近江の商人の経営哲学です。さらにJOI’X=「喜び」+「未来」をイメージし、企業として当社の今後あるべき姿を込めた企業理念が「着るよろこび、それ以上を」であり、行動規範「五つのよろこび」です。一人ひとりが個の力を発揮して、挑戦し続ける会社でありたいと考えています。

2021年4月
代表取締役社長
塩川 弘晃

会社概要

社名 株式会社ジョイックスコーポレーション(JOI’X CORPORATION)
本社所在地 東京都千代田区隼町3-16 住友半蔵門ビル
TEL 03-5213-2500 (代表)
設立 1971年11月1日
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 
塩川弘晃
従業員数 1025名(2020年3月現在)
事業内容 アパレル製品・雑貨洋品等の企画・販売
主要取引銀行 三菱UFJ銀行、
みずほ銀行
出資者 伊藤忠商事株式会社
売上高 年商259億円
(2020年3月期)
取引先 全国有名百貨店、専門店
事務所 大阪支店
大阪府大阪市
中央区谷町3-6-4
06-6941-6855 (代表)

加古川商品センター
加古川市東神吉町
升田字広瀬768番地

越谷商品センター
埼玉県越谷市
南越谷2-9-31

プレスルーム
東京都千代田区
隼町3-16 
住友半蔵門ビル5階

沿革

1971年 三幸衣料株式会社(現トレンザ株式会社)と伊藤忠商事株式会社の合弁によりアメリカン・ジャケット株式会社を設立。
アメリカ スタンリーブラッカー社と業務提携し「スタンリーブラッカー」の販売を開始。
1976年 代表取締役社長に吉田久泰が就任。
1982年 イギリス「ポール・スミス」の販売を開始。
1990年 イギリス「ポール・スミス コレクション」ラインの販売を開始。
1992年 「アメリカン・ジャケット株式会社」より「株式会社ジョイックスコーポレーション」に社名変更。
1993年 兵庫県加古川市に西日本物流センターを新設。
1994年 代表取締役社長に中島一之が就任。
1998年 埼玉県越谷市に東日本物流センター新設。
2002年 フランス「ランバン コレクション」の販売を開始。
2003年 代表取締役社長に堂坂勝男が就任。
2004年 フランス「ランバン オン ブルー」の販売を開始。
2007年 イギリス「ザ・ダファー・オブ・セントジョージ」の販売を開始。
代表取締役社長に神吉賢一が就任。
2010年 大阪府大阪市中央区谷町3丁目6番4号へ本社移転。
代表取締役社長に須田博文が就任。
2011年 イギリス「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」の販売を開始。
伊藤忠商事株式会社100%出資の会社となる。
2013年 東京都中央区日本橋富沢町9番4号へ本社移転。
2017年 アメリカ「サイコバニー」の販売を開始。
代表取締役社長に武内秀人が就任。
2018年 東京都千代田区隼町3番16号へ本社移転。
2020年 代表取締役社長に塩川弘晃が就任。