BRANDSブランド

Paul Smithポール・スミス

ポール・スミスはイギリスを代表するデザイナー。伝統と現代性を融合させた独創的な美学で知られています。
1970年にPaulが掲げた価値観を再確認し ‘classic with a twist’(ひねりを加えたクラシック)がブランドの指針となっています。Paulのデザインはドライな英国のユーモアのセンスに支えられています。ハイファッションとフォーマルウェアの間に位置するポール・スミスは、その両方を参考にしながらも、常に他とは一線を画すことを誇りにしています。

 

Paul Smith COLLECTIONポール・スミス コレクション

「ポール・スミス コレクション」は、ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックフィーリングの3つの要素に、ポール・スミスのデザインスピリットを融合し生み出されたライン。エキセントリックな英国の貴族やアーティストたちの着こなしにインスピレーションを得たスタイルは、英国サヴィル・ロウに代表される良質で伝統的な服作りにさりげない遊び心を取り入れて、洗練されたおしゃれ心を感じさせます。着る人の個性を引き出すようにとデザインされたのが「ポール・スミス コレクション」の服です。

 

The DUFFER of St.GEORGEザ・ダファー・オブ・セントジョージ

ブランド名は1960年代の英国コミック誌 ‘Boy’s Own’ に掲載されていた The DUFFER of St.GEORGE. という物語に由来する。パブリックスクールのいたずらっ子達が織りなす物語にインスピレーションを受け、上品さの中にひねりや遊びのあるスタイルがブランドイメージの特徴です。“DUFFER”には本来「やんちゃ」「まがいもの」などの意味があります。ロゴマークは盾(シールド)から引用され、王家に代表される英国の伝統的な家紋を、コメディタッチにモディファイしています。

 

LANVIN COLLECTIONランバン コレクション

ランバン コレクションはファーストラインのモードのエッセンスを取り入れながら、同じ世界観「クラシックとモダンの融合」を共有するセカンドライン。上質で軽い素材、優しい色の組み合わせによるコーディネート表現、ランバンブルーを基調とした着こなしは大切な個性です。日本人の体形を研究し、高い縫製技術による動きやすさと洗練されたシルエットで、着る人を美しくスマートに見せます。

 

LANVIN en Bleuランバン オン ブルー

“Chic et Gavroche”(シックで生意気)という相反する2つの要素をブランドコンセプトとし、パリの老舗メゾン『LANVIN』のDNAを受け継ぎ、変わらないエレガンスを表現するブランド、ランバン オン ブルー。歴史と伝統を感じさせる繊細なディテールにトレンドをプラスし、常に新しいスタイルを生み出しています。

 

Vivienne Westwood MANヴィヴィアン・ウエストウッド マン

1970年代、パンクロックを原点にアヴァンギャルドなデザイナーの代名詞と称されてきたヴィヴィアン・ウエストウッド。環境保護問題にも力を入れ、ファッションの枠を超えて文化的な発信を続けています。オートクチュールとも呼べる高度なテクニックに裏付けられた服作りは高く評価され、トレンドに惑わされない独自のクリエーションを続けています。

 

Psycho Bunnyサイコバニー

大きなウサギの耳をつけたスカル&ボーンズ。古くは17世紀のイギリス非国教徒や海賊、19世紀アメリカの秘密結社のシンボルも彷彿させ、どこか愛らしさも感じるこのユニークなアイコンが「サイコバニー」のアイデンティティを象徴する。デザイナーのロバート・ゴドレーはイギリスに生まれ、イタリアでファッションにめざめ、そしてアメリカで起業したコスモポリタン。
大自然の中でのスポーツを楽しみ、都会やストリートから生まれるアートにも感動する。多彩なインスピレーションから生まれるデザインと生き方。「サイコバニー」は人生を謳歌する男たちのために新たなジェントルマンスタイルを提案する。